社史〜丸敏建設株式会社 想い出アルバム〜

昭和30年代

当社は昭和26年に富山県にてトンネル専門会社として創業致しました。
人里からトンネルを掘る現場まで、徒歩で約2時間。飯場と宿舎を建て共同生活。
冬場は雪が深く、工事は閉鎖でした。

前列右から3番目が、先代社長(創業者)
 
最後列右から3番目が、先代社長
 
 
 
昭和39年頃の写真
 
 
     

昭和40年代

東北本線蔵王トンネル工事が宮城県に定着するきっかけとなった工事でした。

当時、現社長3才。


昭和41年 当社が東北に来るきっかけとなった国鉄蔵王トンネル工事(現JR)
 
昭和44年 関山トンネル開通
 
昭和45年コバルトライン
(大原工区)工事
 

赤いヘルメットが、現社長。当時は飯場で楽しく暮らしておりました。
 
昭和48年国道113号小原1号トンネル安全祈願祭。この後、小原5号トンネルまで当社で施工させていただきました。
 
 

小原トンネル施工風景
 
小原1号トンネル開業
   

昭和50年代 

  

当時は、大手ゼネコンの下請として構造物専門工事業者でした。


昭和51年 仙台新港整備工事。砂質地盤の為、難工事でした。
   
昭和54年 東北新幹線三本木工区 完成
環境方針業務内容施工例ギャラリーMRG工法雑草防止工事社史会社案内お問い合わせリンクサイトマップホーム