MRG工法〜限りある資源を守る循環型土質改良工法

MRG工法は、最大限「環境にやさしい土質改良」を目標に開発された、新発想の土質改良工法です。本工法は、土のリサイクル施工中、施工後、そして未来にも、安全、安心に循環型社会に対応出来ているかを考え、産学官の連携により開発された「資源循環型土質改良工法」です。

「MRG工法」の特長

廃石膏粉の有効利用 処理困難な廃棄物「廃石膏粉」の有益で安全な再資源化技術。
固化材使用量の低減 従来の土質改良工法と比べ、廃石膏粉を固化補助材と使用するので、固化材の使用量を低減でき、コスト削減を実現。
粉塵被害の抑制 混合は移動式土質改良機を使用するので、周辺への飛散が無く、高価な粉塵抑制型固化材使用の必要性がありません。
移動式土質改良機の
弱点を克服
移動式土質改良機を使用した土質改良工法の処理量の安定・増加技術。
MRG 工法の使用は、産業廃棄物である「廃石膏粉」を使用しており、誤った使用方法をすると大変に危険なため、MRG 工法協会員以外の使用は一切許可しておりません。

リサイクルシステム

工事風景
MRG 工法移動式土質改良機2 台使用
1.発生土投入 2.固化材混合(廃石膏粉)
3.固化材混合(生石灰) 4. 完了
環境負荷低減 オプション機械
移動式スクリーン 自走式サイロ

MRG工法 検討・施行フロー

施行フロー図

3R とコスト削減を実現

丸敏建設株式会社 代表取締役 
野口 弘
土質改良工法の環境負荷低減工法
 今までの土質改良は発生土の性状が比較的良ければ添加量を少なく、逆の場合は添加量を多くするという考え方が一般的でした。
 本工法では性状が悪い土に産業廃棄物である廃石膏を添加することにより、固化材を低減するコスト削減と廃石膏の使用による3Rを実現します。また、本工法では固化材を混合する機械を混合性能が良く、固化材の飛散が少ない移動式土質改良機に限定しています。
 移動式土質改良機は、混合性能が良く、固化材のロス分を減らせるので、全国的にも採用する工事が増えてきております。しかし、粘性が強い土などは、著しく処理量が低下するため、これらの改善が望まれています。本工法では廃石膏粉を使用することにより、処理量の増加と安定を実現しております。

循環型社会の構築へ

東北大学大学院環境科学研究科 
高橋 弘 教授
廃石膏を再資源化
 現在、廃棄物問題は避けて通れない大きな社会問題になっています。廃棄物を減らし、再資源化する技術は、持続的発展・循環型社会の構築に対して必要不可欠な技術です。本研究室では、様々な廃棄物を再資源化し、有効利用するための処理技術について、特に土壌改良への適用について研究を行っています。
 このうち、建築物の新築工事・解体工事現場から排出される廃石膏ボードは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の一部を改正する政令により、管理型最終処分場で処理することが義務付けられています。しかし、今後何年も新築工事・解体工事現場から排出される廃石膏ボードの量を受け入れられるだけの容量は現在の管理型最終処分場にはなく、従って、廃石膏ボードの再資源化が急務の課題になってきております。
 本研究室では土質改良に使用される生石灰に廃石膏を一定量混合し、原材料の購入コストを縮減、処分が難しい廃石膏をできるだけリサイクルする研究を進めています。丸敏建設には移動式土質改良機を使用しての研究成果の実証をして頂きました。
 粘性土の多様な土質に対応するため含水比、処理量、粘着力の関係をパラメータ化し、最適な施工を行うための条件を調べました。これにより廃石膏の土質試験を行い、適正量を確実に添加することで有効かつ安全に使用できることが明らかになっています。
環境方針業務内容施工例ギャラリーMRG工法雑草防止工事社史会社案内お問い合わせリンクサイトマップホーム